【ブラダス】6/27新星3キャラ「タロス」「ホラン」「ジェイデン」レビュー【攻略日記25】

今回は6月27日に追加される新たな星3キャラ「タロス」「ホラン」「ジェイデン」のレビューを行います。

 

キャラ追加と発表されたイベント・ガチャ内容を見る限り、補助者実装前の骨休め、あるいは覚悟をしろってことですかねw

 

これらの新星3キャラは新規プレイヤーの助けとなってくれることは間違いないので、各種コンテンツで詰まっている場合は育成優先度を上げるのをオススメします。

 

それでは見ていきましょう。

 

 

新キャラレビュー

【攻撃型】タロス 協同討伐S

 

立ち絵が無いキャラはキャラ設定がよく分からないですが、野性的な外見なのでアラン同盟の戦士っぽいですね。

 

ステータス

 

星3キャラなんでこんなもんでしょう。

 

スキル構成的にHP・攻撃力は必要ありません。

 

攻撃範囲「スルー2マス攻撃」

 

10凸したリジーと同じ攻撃範囲ですね、使いやすいです。

 

第1スキル

 

攻撃後に発動する防御力ダウン。

 

後述しますが攻撃後発動でも何の問題もありません。

 

第2スキル

 

バーバラが持っているカウンターキラーのスキル。

 

効果は『敵の反撃スキル数×敵最大HP×90%=追加ダメージ』。

 

流石に星5キャラであるバーバラよりはダメージ倍率が落ちるが、それでもPvEコンテンツでは普通に有用。

 

倍率が90%なので敵を倒しきれないように見えますが、このスキルはクリティカルの影響を受けるため、クリティカルを発生させてやればデフォのクリダメ値でも1.5倍はダメージが伸びます。

 

更にスキルは左から順に発動するため、第1スキルの防御力-50%が乗った状態でダメージを与えられ高防御力に対して非常に強力。

 

ストーリー34-10のジンや42-10のセト、協同討伐の魔道士パターンを相手にめちゃくちゃ活躍してくれます。

 

覚醒スキル

 

こちらは攻撃前に発動するステ減免疫。

 

クリティカル関係のステータスを下げないための配慮でしょう。

 

ルーン選択

問答無用でクリティカル系のルーンです。

 

使用する支援キャラに応じて、クリ率を上げるかクリダメを上げるか決めたらいいですね。

 

韓国版の使用率

役割が限定的でPvPよりもPvEコンテンツ向けなキャラのため、どのコンテンツでもほとんど使用されていません。

 

カウンターキャラが流行すれば自然と使用率も上がるでしょう。

 

総評

カウンターキャラを倒すのには中々骨が折れます。

 

特に永続の場合は一時的に反撃無効化スキルで攻撃しても、倒しきれなかった場合は後続の味方キャラが壊滅する危険があり厄介です。

 

スイマセン、永続カウンターは反撃無効化でもカウンターを喰らいますね。

 

それらのメタキャラとなるタロスが追加されたことで、カウンターメタが容易になりストーリー攻略や協同討伐が捗りますね。

 

同じスキルを持つバーバラや、似たようなスキルを持つアンジェリカを所持していないプレイヤーは必ず育成しましょう。

 

 

【防御型】ホラン 新星アリーナS-

 

盲目なのか目隠しをしているだけなのか。拳法使いっぽいし修行の一環なのかもしれませんw

 

目隠し包帯キャラはグロリア以来です。

 

ステータス

 

第2スキルに敏捷特性を持っているため、防御型にしては敏捷力が高めですね。

 

攻撃範囲「最前1マス攻撃」

 

カウンター主体キャラですから攻撃範囲が狭いです。

 

第1スキル

 

お馴染み攻撃カウンター。

 

『ホランの攻撃力×150%=追加ダメ』と『攻撃力+30%』です。

 

覚醒スキルに挑発もありますし、同じ星3キャラのロンと瓜二つですね。

 

ですがホランのほうがカウンター性能は高い上に、継続ターン数が6ターンも長いです。

 

ロンは”カスり”があるので耐久力は僅かに上ですが、逆に特化しているものが無いとも言えますね。

 

ホランはメルセデスほどのダメージも出せませんが、安定したカウンターダメージを与えられます。

 

第2スキル

 

よくある敏捷特性。

 

『戦闘開始時の敏捷力×100%=攻撃力UP』と『戦闘開始時の敏捷力×150%=被ダメ軽減』です。

 

デフォの敏捷力が20%なので攻撃力は20%UP、被ダメ軽減率は30%になります。

 

後者の被ダメ軽減は倍率が高く、『星6ルーンOP8%×2』を付けてやれば54%までダメカットしてくれますね。

 

覚醒スキル

 

ロン、メルセデスに続き、星3キャラでの挑発持ち。

 

覚醒スキルなので凸っても強化はされないが、10ターンの挑発は有用。

 

ルーン選択

正直かなり迷いますね。

 

カウンター倍率が星3キャラにしては優秀なんで猛攻を装備させてやりたいですが、それだと耐久力が落ちてしまいます。

 

敏捷特性でMAX-54%の”解除されない”被ダメ軽減と挑発もあるため、HPや防御力を伸ばしてタンクとして使うことも可能です。

 

上記のように役割を選べるのでカウンターメインなら猛攻、耐久メインなら血気or鉄壁ですかね。

 

韓国版の使用率

新星アリーナ使用率

助力者…カーソン15凸が実装されるまでは使用率が非常に高かったのですが、挑発性能がより優秀なカーソン15凸が爆誕してしまっては使用率ダウンもやむを得ませんね。

 

カーソンの台頭により対防御キラーのベアトリスの使用率も跳ね上がっていますし、ホランに限らず防御型キャラは下火傾向にあります。

 

総評

日本版に追加されるのが遅すぎましたね。

 

助力者が目前に控えているため、今から育成・編成しても脅威になるのは実装されるまでの2週間程度でしょう。

 

それもベアトリス編成で完封されてしまいますし、挑発だけならロンを、カウンターダメージならメルセデスで良いじゃんってなります。メルセデスは被ダメ量によってカウンターダメが決まるので一概には言えませんが。

 

全体的にスキル構成が優秀なので使う機会が無くなる、ということにはならないでしょう。

 

 

【魔法型】ジェイデン ワールドボスA

 

うん、なんか現実世界でよく見かけるような外見ですw

 

ステータス

 

HPがめちゃ高いですね。

 

星3キャラの中では最もHPが高くなります。

 

攻撃範囲「2R最前1マス攻撃」

 

ん?実践では使えないかなw

 

第1スキル

 

高HPキャラによく見かける最大HPに依存した追加ダメスキルです。

 

倍率が40%もあるので、星3キャラとしてのダメージ量は申し分ないでしょう。

 

第2スキル

 

パッシブのクリ率UPスキル。

 

これでクリ率を心配する必要が無くなりましたね。

 

第1スキルにクリティカルが発動すれば1万ダメージは出せそうです。だからなんだよって話ですがw

 

覚醒スキル

 

攻撃後に発動するリジェネ。1番重要なスキルですねw

 

回復はクリティカルの影響を受けるため、第2スキルと合わせると回復量が伸びます。

 

日常的な戦闘では使える場面はまずありませんが、ワールドボスでは有用です。

 

高HPのリジェネ持ちは星4以上のキャラに限定されてましたが、それらを所持していないプレイヤーはジェイデンが居れば手軽にスコアを伸ばすことができます。

 

ただし先程も述べたように攻撃後に発動しますから、行動順を早めにしてあげる必要はあります。

 

ルーン選択

血気一択。

 

可能なら回復量が増えるように、クリダメのOPが付いているルーンが望ましいですね。

 

韓国版の使用率

新星アリーナ使用率

逆に何で使っているの?と問いたくなりますが、新星アリーナで若干使われてますね。

 

まあ誤差誤差w

 

WB使用率

有能な星4以上のキャラを育てきっているプレイヤーが多いであろう韓国版では、WBの使用率は低めです。

 

逆にそれらを育成していないプレイヤーにとっては”繋ぎ”として有能なキャラとなりますね。

 

総評

ダメージが出せたり、耐久力があったり、わりと使えそうな気はしますが、魔法型かつ最前1マス攻撃は実践向きではありません。

 

僕のようにワールドボスのキャラが揃っていないようなら有り難いですが、スコアをフルに出せるプレイヤーは星3の闇鍋具合が増しただけですねw

 

 

おわりに

 

この3名は韓国版では既に昨年に追加されたキャラ達です。

 

なぜ出し渋っていたのかは不明ですが、キャラ調整・追加を行いまくった現在では今更感が強いですね。

 

と言っても、僕を含めキャラが揃っていないプレイヤーにとっては、各コンテンツの選択肢が広がっただけでも有り難いです。