【ブラダス】協同討伐パターン ハードソロ攻略【セイル無し】

協同討伐の攻略法って、あまりネットに転がってないですよね。

 

企業系攻略wiki(笑)や個人ブログを見てみても、編成をポンッと載せる或いは敵の情報を載せるだけで、どこがどう難しいのか、キャラの代用は可能なのか等を解説しているサイトはごく少数です。

 

そういった面を無くすためにゲーム内にも攻略掲示板が設置されているのですが、愚痴で埋め尽くされているため、これまた有用な情報を見る機会は少ないです。その上、文字オンリーだから編成も分かりにくいし。

 

というわけで、最近になってソロクリアを達成し、常に協同討伐ソロクリアのことを考えてきた僕が、パターンハードの攻略を行いたいと思います。

 

ハード攻略という名目ですが、無論イージーやノーマルでも通用します。キャラのスキルレベルによって、挑戦する難易度を調整するのが良いでしょう。

 

 

敵情報

 

 

簡単に敵の情報をおさらいしましょう。

 

WAVE1と2では敵の強さが異なり、WAVE2のほうが強くなります。

 

弱いほうのWAVE1を考慮しても仕様がないので、WAVE2の敵情報を追っていきます。

 

騎士

 

BOSSであるパターンより圧倒的に強いやつら。

 

ソロ攻略では、こいつらを如何にスマートに倒すかが肝になる。

 

暗殺者

 

そこそこな耐久力と強え範囲固定ダメージ攻撃を行う厄介なやつ。

 

アタッカーはもとより、タンクですらワンパンで殺しに掛かってくるため、暗殺者の攻撃を受けないよう…先に倒すよう立ち回るのが基本。

 

飛剣使い

 

クソ雑魚。パターンハードの良心。

 

攻撃を受けるキャラがアタッカー・低耐久バッファーでないなら、倒されることはまずない。

 

ランサー

 

WAVE1だけに登場する。

 

攻撃に関しては雑魚だけど防御力が30%もあり、HPも高く耐久力は騎士に次ぐほど強い。

 

持続ダメもそこそこ厄介で、免疫持ち・常時回復を持っているキャラでないとわりと危険。

 

パターン

 

1番弱いやつ。

 

ワンパンで倒す術さえ理解すれば、ただの置き物。

 

 

攻略ポイント

 

  • 範囲攻撃は必須
  • 騎士は最初に倒す
  • パターンは一撃で倒す
  • バフ封印のターン数に注意
  • 基本的にデバフ免疫は必須
  • バッファーの能力(強さ)が重要
  • 盾キャラは1~2人で十分(配置固定化)

 

ザッと挙げるとこんなもんでしょうか。

 

優秀なカウンターを持つセイルを使用するならこの限りではありませんが、僕はタスクキルが面倒なため防御よりも攻撃主体の攻略を行います。

 

範囲攻撃は必須

今さら言うまでもありませんね。ブラダスは範囲攻撃が正義です。

 

どの範囲攻撃キャラを使うかは後述します。

 

騎士は最初に倒す

 

騎士は攻撃後発動の範囲吸収スキルを持ちます。

 

端っこにいる騎士が発動する分にはどうとでもなるのですが、範囲攻撃を当てたい中央の騎士から攻撃を行うため、先に行動させてしまうと倒すのに時間が掛かってしまいます。

 

WAVE1,2ともに早めの行動順となっているので、事故を減らすためにも最前に居る騎士達は1番最初に倒します。

 

パターンは一撃で倒す

パターンの攻撃は強力ですが、幸いなことに魔法型キャラなため攻撃には2ラウンド掛かります。

 

パターンの攻撃を受けて攻略するのもアリなんですが、せっかく隙を晒してくれてますし、ワンパンでちゃちゃっと倒しましょう。

 

ワンパンで倒せばクリアターン数を大幅に短縮できる上、一々タスクキルを行う必要もなくなります。

 

タスクキルをすれば、どんなにクリアに時間が掛かっても数十秒~1分ほどに短縮できます。

 

ですが、レコードの『協同討伐参加回数』はカウントされません実際に検証しました。

 

 

微々たるものですが、レコード報酬でダイヤも獲得できるため可能ならタスクキルせずにクリアしたいものですね。

 

バフ封印のターン数に注意

 

パターンハードで1番ヤベェのは免疫を貫通するバフ封印。

 

ゆっくりと攻略していると体感しづらいですが、ある程度クリアターン数を縮めようと思うと、このバフ封印が超厄介。

 

少ないバッファーで挑戦するなら、バッファーの支援が何よりも重要。それを封じられるワケだから、クリア達成難易度がグッと上がってしまいます。

 

対策としてバフターン数の長いステラやレピテア15凸の使用、ターン数(行動順)の調節、極めるなら十数ターンでのクリアを目指す、くらいでしか防げません。

 

最もお手軽なのはターン数を調節・計算し、バフ封印が解除された後に支援を掛けることですね。

 

敢えてクリアに必要のないキャラを用意して、ターン数を稼がせるなどの工夫も必要です。

 

基本的にデバフ免疫は必須

 

騎士と暗殺者はセイルと同じような、解除でダメージを与える烙印カウンターを所持しています。

 

難易度がイージー・ノーマルだったらダメージ量も少ないのであまり気にすることもないのですが、ハードになるとHP×65%ものダメージを受けます。

 

1つ付くだけでもヤベェのに範囲攻撃キャラは複数付いてしまうため、烙印を防げるデバフ免疫を持つ・付与するキャラで挑むのが無難…というか普通なら必須です。

 

バッファーの能力(強さ)が重要

協同討伐においては、バッファーの能力はダメージUPよりも寧ろクリ率UPのほうが重要。

 

使うアタッカー・バッファーにもよりますが、クリ率はルーンで上げるよりも支援で上げたほうが、戦闘開始時の攻撃力やクリダメに全振りできるのでダメージが伸びやすいです。

 

3バッファーで挑むなら特に重要とは言えませんが、2バッファー以下で挑む際はクリ率UPメインの支援キャラを使う必要がありますね。

 

盾キャラは1~2人で十分(配置固定化)

配置にさえ注意すれば、盾キャラの人数は1,2名で十分です。

 

※以下の配置は分かりやすいように用意したもので、実際にクリア可能かどうか検証したワケではないので注意。

 

 

恐らく、最も基本的な右上に盾キャラ2、下段にバッファー1の配置。

 

バッファーを下に配置することで、アタッカー達に支援が掛けやすくなる非常にオーソドックスな陣形ですね。

 

下段のバッファーはある程度の耐久力が無いとKOされてしまうが、アナイスのデバフ免疫・バリア・敏捷力UP・回復を掛ければ、大体のキャラは生き残ると思う。

 

ですが、敵の攻撃がクリティカル発生したらヤバいので、無難にミカエラやセレンディアのような被ダメ軽減持ちを置くと安心です。

 

 

下段からバッファーを無くした、右上端に2体配置するタイプ。

 

下段を空っぽにすることによって、右上の耐久力に優れる盾役に攻撃を集中させる配置。

 

 

セシリアを所持していない場合、右上の盾キャラ(画像ならデナリサ)の後ろに耐久力のあるバッファーを置けばこんな配置もアリ。

 

画像のバッファーは紙耐久のセレスに攻撃が当たってしまいますから、耐久力のあるバッファーに適宜変えてください。アナイスの支援を受ければそれなりに耐えそうだけど。

 

 

ギュンターのようなスルーX字攻撃キャラを使用しない…カンナのような最前十字攻撃キャラを使用する場合は、中央ラインの盾キャラは配置しなくてもOKです。パターンの確殺は前提で。

 

ステラを使えば、下段のバッファーも中央ラインに配置できて良いですね。

 

…。

 

どの陣形も1番攻撃を受ける右上の盾キャラをセシリアにするのもアリなんですが、セシリアの利点は範囲吸収、上段のセシリアの後ろにアタッカーを配置しても範囲攻撃を最大限活かせないため、中央ラインに配置するべきでしょう。

 

最前十字攻撃キャラでウィグルを使用した場合は、WAVE2の暗殺者の攻撃を避けるために、中央ラインの最後尾(1番後ろ)にセシリアを配置するのもアリです。オススメはしませんがw

 

 

キャラ選択

 

前置きが長くなってしまいましたね。攻略のメインでもある、使用するキャラをピックアップします。

 

まずはキャラの役割を確認しましょう。

 

  • 最前X字攻撃(1名) – vs騎士
  • スルーX字攻撃(1名) – vs暗殺者+α
  • 最前十字攻撃(1名) – vs騎士&暗殺者
  • 縦1列攻撃(1~2名) – vs飛剣使い+α
  • 確殺キャラ(1名) – vsパターン
  • デバフ免疫付与(1名) – 烙印を防ぐ
  • バッファー(1~3名) – クリ率&ダメージUP
  • 盾キャラ(1~2名) – 敵の攻撃を受ける

 

「スルーX字攻撃」と「最前十字攻撃」キャラはどちらか一方を使用します。

 

以下に紹介するキャラ達を使えば、いずれもクリア可能です。

 

※ハード攻略ではキャラのスキルレベルは9凸以上が前提となります。支援キャラに関しては15凸でないと厳しいかも。

 

最前X字攻撃

上(赤)がWAVE1、下(青)がWAVE2のターゲット
  • アーチェ
  • テイラー←オススメ!

 

最前にいる騎士3体×2を倒す最も重要な役目、かつ、攻略において1番悩まされるポジション。

 

防御力抜きで約60000ダメージほど出さないと、WAVE2の騎士は倒せない。

 

オススメはテイラー。素の攻撃力が非常に高く、追加ダメの倍率や自前のバフも優秀。

 

アーチェは10凸にするのは比較的容易だけど、その代わりバッファーやルーンをガチガチにする必要があります。

 

アーチェが優っているのはバリア破壊のみ。でも協同討伐の敵キャラはバリアを持たないので、テイラーを育成しているならアーチェを使う理由はない。

 

バッファーを2体以上編成するなら、テイラーは6凸くらいから実用圏内だと思う。確実にクリアするなら9凸~推奨。

 

スルーX字攻撃

上(赤)がWAVE1、下(青)がWAVE2のターゲット

 

X字に固まった敵やパターン周りの暗殺者を倒す役目。

 

ギュンターは無凸でOKなため使いやすいが、コレットはステータスを下げる”呪い”を所持しているので、パターンを攻撃する後続の味方もサポートでき○。

 

バッファーにミカエラを使用するなら、”狂乱の一撃”による追加ダメも発生しダメージ上乗せができる。

 

最前十字攻撃

上(赤)がWAVE1、下(青)がWAVE2のターゲット
  • カンナ
  • アスモード←オススメ!
  • ウィグル(非推奨)

 

上記のX字攻撃とは違うプランで倒す場合は、最前十字攻撃持ちを使う。

 

最強理想はアスモード。相手にターンを渡さずに攻撃できるため、最速クリアを突き詰めるなら必須。

 

ただ、ガチャ産オクトなことと、高凸でないと敵を突破できない点から、星4カンナでも良いかな。

 

カンナを使う場合は、アーチェ同様ガチガチに強化する必要があります。

 

ウィグルは非推奨。WAVE2の縦1列の敵KOに余計なターン数を費やしてしまう。

 

縦1列攻撃

スルーX字攻撃キャラを使った場合
最前十字攻撃キャラを使った場合

 

X字・十字攻撃キャラの後始末を担う役目。

 

クリアターン数を早めるなら攻撃型を、バッファーやルーンやスキレベに不安があるなら魔法型、と使い分けると失敗しない。

 

先ほどの最前十字攻撃を使用して攻略する場合は、この縦1列攻撃持ちを2体編成するとクリアが早まります。

 

バルゼはバッファーや呪いカウンターを持つ盾キャラによっては無凸運用も可能ですが、無凸で使うくらいなら15凸リデルを使ったほうが良いです。

 

リデルは自前でクリ率を60~76%まで上げられるため、支援をフルに掛ける必要がなくなり、使用するバッファーや配置の幅が多少広がります。

 

10凸レヴィアを所持している場合は、後述する盾キャラ分を節約できますね。

 

確殺キャラ

上(赤)がWAVE1、下(青)がWAVE2のターゲット
  • レヴィア
  • バーバラ13凸~←オススメ!
  • タロス
  • アンジェリカ

 

パターンをブチのめす役目。スルーX字攻撃を使うならWAVE1の敵9番も倒すことになる。

 

上2人はどうやっても確殺可能だけど、下2人は高凸は前提としてバッファーやルーンをしっかり厳選しないと厳しい。

 

バーバラは13凸くらいすれば、クリ率を100%にするだけで突破できるはず。

 

星3のタロスが確殺可能な以上は、どのプレイヤーでもパターンをワンパンできます

 

編成・ルーンによっては9凸星5の状態でもワンパンできますから、バーバラのスキレベUPやレヴィアGETに拘らず、タロスを育成してさっさとパターンハードを卒業しましょう。

 

デバフ免疫付与

  • アナイス←オススメ!じゃないほぼ必須!
  • ベロニア

 

烙印を防ぐためのデバフ免疫を付与する係。

 

とりあえずアナイスを編成しておけば間違いない。

 

アーチェorテイラーのダメージを伸ばすためにベロニアを使用するのもアリだけど、配置が制限されてしまうのと、WAVE2でも使うデバフ免疫を付与したいギュンター等の範囲攻撃持ちが丸裸になるのは痛い。

 

10ターン経過で烙印は解除され、普通にプレイしているならダメージは避けられないため、範囲でデバフ免疫を掛けるのが無難。

 

ダメージに関するバフは他の支援キャラに任せればOK。

 

バッファー

バッファーは組み合わせ次第な面があるため、間違いなくオススメなキャラだけ紹介します。

 

  • ステラ←特にオススメ!
  • カエラ
  • メリー
  • レピテア

 

これらのキャラのうち、2名以上を10凸15凸で用意できればハードソロ攻略は余裕。特にステミカのコンビはアリーナでも有用ですから、ガチってるプレイヤーは難なく用意できるでしょう。

 

ステラは自分を起点としたバフを行うため、配置の自由度が上がってGOOD。バフ継続ターン数が長く、クリ率上昇値も最高だし文句なしの性能ですね。

 

先述した通り、少数のバッファーで挑む協同討伐はクリ率UPが重要。

 

できるなら、クリ率はルーンではなく支援で100%にしたほうがダメは伸びるので、クリ率バフが高倍率なバッファーを使うのがオススメ。

 

カエラを使用する際は、ステラ以外と併用するとどうしてもクリ率が足りなくなる場合が多いため、ルーンでクリ率を補ってやる必要があります。

 

盾キャラ

  • レヴィア←オススメ!
  • エドウィン←オススメ!
  • セシリア←オススメ!
  • バートリー←オススメ!
  • グランヒル
  • アストリッド
  • カオリ
  • セイル
  • デナリサ
  • ルネ
  • バンシナ(新キャラ)

 

正直、盾キャラはある程度の耐久力があるなら何を使っても良いでしょう。

 

「回復」「被ダメ軽減」「再生バリア」「免疫」を持っている中で選ぶのが無難です。

 

オススメの4人は呪いカウンターと回復を持つキャラ達です。

 

このステージの敵は防御力が軒並み高いため、呪いを付与することによって後続のアタッカーが倒しやすくなります。

 

攻撃力・クリ率も下げられますから、結果として耐久力が上がるのもナイス。

 

もちろん、最強理想はレヴィア10凸ですがw

 

 

編成例

配置

 

僕が実際に使っているパーティですね。スルーX字攻撃キャラを使っての攻略です。

 

ターン数を縮めるためにジャカンを編成してますが、タロスが9凸だったりルーンに不安があったら耐久力のあるキャラに変えたり、

 

 

セシリアを配置したこちらのほうが良いでしょう。

 

ジャカンを使ってしまうとタロスが2回目の攻撃をする際に、バフ封印が解除されずセレンディアのバフが再適応されないので。

 

キャラ・行動順

  • ①キャサリン(14凸)
  • ②アナイス(9凸)
  • ③セレンディア(15凸)
  • ④イザベル(14凸)
  • ⑤アーチェ(10凸)
  • ⑥ギュンター(無凸)
  • ⑦タロス(10凸)
  • ⑧ジャカン(5凸)
  • ⑨デナリサ(9凸)

 

こんな感じ。

 

妥協しまくりなパーティですw

 

キャサリン

 

特筆すべきは、キャサリンの追加ダメ・持続ダメはHPのみに依存するため、バフを掛けずに運用できる点。これにより行動順や配置を自由に決定できる。

 

14凸にしてますが、攻撃範囲の広がる10凸からなら運用可能。

 

10凸レヴィア欲しいよお…。

 

アナイス

必須キャラだから特に語ることもないですね。

 

WAVE2でタロスを生かすために、中央ラインの最後尾に配置してます。

 

支援を掛ける順番はセレンディア・イザベルのどちらでもOK。耐久力に不安のあるほうに支援しましょう。

 

セレンディア&イザベル

この2名を使った場合のステータス上昇率は、

 

  • 攻撃力 – +118%
  • クリ率 – +93%
  • クリダメ – +135%

 

になります。

 

攻撃力は控えめですが、クリ率を支援だけでほぼ100%にできるのは素晴らしいですね。

 

クリダメもメリーの約2倍ほど上昇してますし、セレンディア&イザベルの組み合わせは中々強いです。

 

アーチェ

 

猛攻ルーンを2積みしてます。片方が星6URのBBSなのでハードルは少し高め。

 

バフ後

攻撃前のクリダメバフを乗せるとこんな感じ。これで約36000ダメージが出せて、騎士を突破できます。

 

ギュンター

 

バフ後

ルーンは猛攻の星5SR2積み。

 

ポジション的にルーンや支援は適当でも敵撃破は可能。

 

コレットに変えてやると、タロス部分で妥協ができる。

 

タロス

 

ジャカンを編成しているため、クリダメ2積みではなくクリ率も装備させている。普通ならクリダメオンリーでOK。

 

バフ後

やはりクリダメ値が低いですね。

 

ギュンターの被ダメ増加が乗っていないと、単独でパターンは撃破できないので注意。

 

ジャカン

確実にKOされるならどのキャラを使っても構いません。

 

ただ、ジャカンを編成したところでわずか2ターンほどしか縮まらないですから、無難に盾キャラのいずれかを編成したほうが良いかも。

 

デナリサ

 

デバフ免疫と高倍率の被ダメ軽減持ち。

 

9凸の被ダメ軽減と鉄壁ルーンを2積みすれば、とりあえず安定します。

 

鉄壁を2積みするとHPが低いままなので、固定ダメージ攻撃を行う暗殺者の攻撃を受けるのには向きません

 

 

動画

 

動画の通り、30ターンの約1分でクリアです。

 

キャラが全然揃っていない状態でも、これだけ早くクリアできます。

 

 

短縮案

1分という短い時間でクリア可能なので、これ以上クリアタイムを縮める必要もない気がしますが一応考察してみましょう。

 

攻撃型の縦1列攻撃キャラを用意する

このパーティの縦1列攻撃キャラはキャサリンを使用してます。

 

魔法型なため、どうしても数ターンを無駄にしてしまいますね。それに14凸な上、ルーンも妥協してるし。

 

まあバフ封印のターン数を計算しなくちゃいけませんから、一概には言えないでしょうが。

 

バッファーにステラを投入する

ステラを編成するだけで、バフ封印を一切考慮せずに済むなんて素敵ですよね。

 

その代わり15凸という高すぎる壁が立ちはだかってますけどw

 

スルーX字→最前十字攻撃に変更する

スルーX字攻撃の利点はキャラの育成難易度の低さだけです。

 

最速クリアを目指すなら、最前十字攻撃のいずれかを編成する必要があります。

 

ただ、高凸アスモードとか10凸カンナを用意するのってかなりシンドいですよ…。

 

ギュンターなら無凸、コレットも6凸くらいで済んでコスパに優れてますよね。

 

 

おわりに

 

お疲れ様でした。長かったですねw

 

本当はドーランの攻略も行いたいのですが、あちらはパターンの比にならないほど持ち物検査が厳しいので、当分の間はお預けですw

 

近いうちに韓国版のパターンハード最速クリア編成でも紹介したいと思います。

 

あちらは研究熱心な方が多いですから、トンデモナイ速さでクリアして笑えますよw

 

最速クリア編成はこちら。

関連記事

前回のパターンハードソロ攻略記事は、あくまでそれなりの速さでクリアするのに必要なキャラ等を載せました。   今回はそこから更に踏み込み、キャラの育成難易度とかコスパとかは一切取っ払って、如何に速くクリアするかを追求した[…]